Menu
080-3205-6039 info@wellbegun.jp

士業専門のコンテンツSEOとは?

従来のSEO対策では対応できない、士業事務所の継続的な集客を実現するためのプログラムです。

士業事務所が提供するサービスを必要とするお客さんのボリュームは、絶対的に少ないです。
その限られたボリュームのお客さんを、いかにして獲得するか?

その答えが、士業専門のコンテンツSEOによるホームページ集客です。

従来のSEOが士業サービスに適さない理由は・・・
業務で使う専門用語が検索ワードとして使われることがない

士業事務所が提供するサービスは、法律の専門用語が使われます。しかし、一般の方にとってはその用語になじみが薄く、検索キーワードとして使われることはほとんどありません。

例えば、行政書士の主業務に在留資格認定証明書の取得申請というものがあります。この「在留資格」というコトバは一般の方にとっては理解が難しく、通常は「ビザ」と呼ばれています。
つまり、日本に滞在したいと考えて専門家を探すユーザーは、「在留資格」というキーワードを使って検索するのではなく、「ビザ」というキーワードを使って検索するということです。「法律的な正しさを貫くこと」と「ホームページからの集客に何が必要なのか」を割り切ることが大事です。

検索キーワードの選定は、ホームページからの集客を考える上でもっとも重要な作業になります。しかし、従来のSEO対策は、特定のキーワードで検索順位を上位表示させることが目的となり、そこから安定的な集客を実現できるかという視点を欠いています

絶対的に検索ボリュームが少ないキーワードで上位表示されたところで、ホームページからの集客はできないのです。

対策するキーワードが1つなのでアクセスアップに限界がある

従来のSEOでは、1つのキーワードで検索順にを上位表示させる対策がなされていました。例えば、横浜で建設業許可申請を専門とする行政書士事務所の場合、「横浜 建設業許可」などというキーワードで上位表示させることを狙いとします。

しかし、士業事務所のサービスの場合、1つ1つのキーワードでの検索ボリュームは極端に低いのが現実です。先ほどの「横浜 建設業許可」というキーワードでの検索ボリュームが100/月だとすると、仮に「横浜 建設業許可」で上位表示されたとしても、あなたの事務所へのアクセスは、月間100件で頭打ちになってしまいます。

1つのキーワードで上位表示を目指す従来のSEO対策では、安定的に集客を達成できるだけのアクセスを集めることはできません。士業サービスの根本的な課題を解決できないのです。

対策キーワードでの検索順位の低下がサイトのアクセス数の低下に直結する

1つの検索キーワードでの検索ボリュームが少ないことと関連するもう1つ大きな課題が、対策キーワードでの順位の低下が、そのままサイトのアクセス数の低下に直結するということです。

先ほどの「横浜 建設業許可」の検索ボリュームが100件/月の場合、サイトへのアクセスの上限は100件ということになります。しかし、この上限100件のアクセス数は、あなたの事務所のホームページが上位表示されていることが絶対的な条件になります。仮に、検索順位が下がってしまうと、他の上位表示されるサイトにアクセスは流れてしまうことになります。

検索順位は、ライバル事務所の対策やGoogleのアルゴリズムの変更次第で変動します。一度上位表示されたからといってその後も継続して上位表示され続けるとは限らないのです。

このような状況のもとで、1つのキーワードでの上位表示を目指す従来のSEO対策では、安定した集客は見込めないのです。

士業専門コンテンツSEOの特徴
特徴1 1ページ1キーワードによる複数ページ対策

士業専門のコンテンツSEOは、対策するキーワードを増やしそれぞれのキーワードごとに1つのページを量産することで複数のキーワードでの上位検索を目指します。

それぞれのキーワードががもつ検索ボリュームを相乗的に獲得することで、検索ボリュームが絶対的に少ない士業サービスの弱点をカバーすることが可能になります。また、ある特定のキーワードでの検索順位が低下しても、他のキーワードからのアクセスがこれを補い、安定的なアクセス数を維持することができます。

1つの検索キーワードの検索ボリュームが絶対的に不足しているという、従来のSEO対策では解消できなかった士業サービスの課題に対し、根本的な解決策を提案します。

士業専門コンテンツSEOの概念図
特徴2 ホームページの資産化

士業専門のコンテンツSEOは、複数のキーワードごとにページを量産します。そのため、キーワードごとにアクセスを獲得できる良質なページ(コンテンツ)が蓄積されていくことになります。

これは、一等地に入居者が絶えない部屋のバリエーションが豊富なマンションを所有しているようなイメージです。立地条件(検索順位)がよいため、入居希望者は後を絶ちません。また、部屋のバリエーション(検索キーワード)が豊富なため、どのようなユーザーに対してもニーズに応じた部屋(コンテンツ)を提供できます。

士業専門のコンテンツSEOは、あなたの事務所のホームページを継続的・安定的に集客ツール化させる資産に成長させます。

士業専門コンテンツSEO_ホームページの資産化
特徴3 キーワードの選定+α

現在の検索エンジン(GoogleやYahoo!など)は、良質なコンテンツを上位表示させるアルゴリズムが組まれています。ですので、1ページ1キーワードによる複数ページでの上位表示を実現するためには、各ページが良質なコンテンツであることが必要になります。

そこで問題となるのが、どのようなコンテンツが良質なのか? ということです。

従来のSEOでは、「対策キーワードを5%以上含めたコンテンツ」、「5,000文字以上のコンテンツ」、「外部からのリンク(被リンク)が多いコンテンツ」などが良質なコンテンツとされ、不自然な形でキーワードを盛り込んだ文章をつくったり、リンクを買ったりなどの対策がなされていました。

しかし、これらの対策はもはや時代遅れになりました。大切なのは、「ユーザーにとって有益な情報がわかりやすく提供されているコンテンツか」ということです。

士業専門のコンテンツSEOでは、各ページで対策するキーワードの選定はもちろん、のようなキーワードをどのような順番で対策すべきかのプランを立て、対策キーワードをどのように使い、どのような文章構造にすれば良いのかを設計します。小手先のテクニックに依存する従来のSEOとは一線を画する士業専門のコンテンツSEOは、良質なコンテンツを蓄積させるwell begunのノウハウを集結したサービスです。

士業専門コンテンツSEO_キーワード選定プロセス
特徴4 設計をふまえた文章作成

選定したキーワードを基礎とした文章の設計にもとづいて、「ユーザーにとって有益な情報がわかりやすく提供されているコンテンツ」を作成します。

士業事務所が提供するサービスには、専門用語や一般の方になじみの薄い単語などが使われます。しかし、ユーザーにとっては意味不明な単語を並べられたコンテンツでは、全く理解することができません。それは、ユーザーにとって有益なコンテンツではないということです。

また、ユーザーは特殊な専門用語を検索キーワードとして調べることはほとんどないため、これらの専門用語をキーワードとして対策し、上位表示されたところでアクセスは見込めません。

士業専門のコンテンツSEOでは、士業事務所の提供するサービスに精通したライターが文章作成を担当します。士業サービスの内容を完全に把握した上で、ユーザーにわかりやすい文章表現をします。また、ユーザーが読む上で障害となるような専門用語は取り除き、一読して伝えたい情報を伝えることができる文章に仕上げます

適切なキーワードの選定とそれを基礎としたコンテンツライティングにより、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供します。

士業専門コンテンツSEO_ホームページの資産化

受任に直結するクライアントの作り方をご提案します!

あなたのホームページを集客ツールとして機能させるためのノウハウがあります。

あなたのホームページは期待どおりの成果を上げられていますか?

士業事務所には士業事務所に特化したホームページ集客の方法があります。
いきあたりばったりの自己流の施策では、成果を期待できません。

well begunのプログラムを是非お試しください。

ホームページからの集客の悩みを無料で相談いただけます。

この機会に、ホームページ集客を見直してみませんか?