Menu
080-3205-6039 info@wellbegun.jp

法律事務所がウェブ集客しなければいけない3つの理由

事務所HP

ウェブサイトから集客するメリットを考えましょう

IT社会になった現代では、ウェブサイトは私たちの生活の中に溶け込み、もはや欠かせないツールになっています。

不特定多数の方を対象に業務を行う法律の専門家にとっても、必須のツールです。

では、法律事務所がウェブサイトで集客をしなければならない具体的な理由を考えてみましょう。

 

PC/携帯こそが情報収集の窓口

インターネットが普及し、もはやインフラ化している現代社会において、何か必要な情報があれば、まずはパソコンやスマートフォンで検索するのが当たり前です。

一昔前は、広辞苑をめくったり、親や学校の先生に質問したりしていましたが、今では親指の操作1つで必要な情報が瞬時に手に入ります。

法的なトラブルに巻き込まれたり、悩みを抱えている方も、その解決方法をインターネットで検索するであろうことは容易に想像がつきます。

したがって、あなたがウェブサイトをもっていれば、いつでもあなたとクライアントは身近な存在であり続けることができるのです。逆を言えば、あなたがウェブサイトを開設していなければ、クライアントの検索の土俵にすら上がることはできません。

 

ウェブサイトは最も優秀な営業マン

企業に雇用された優秀な営業マンであっても、24時間・365日働き続けることはできません。

実際に人を雇用するとなれば、給与の支払いだけでなく、社会保険への加入、教育・研修費用など、相当の支出が想定されます。

しかし、ウェブサイトは、あなたが寝ている間も営業活動を続けてくれます。給与の支払いも必要ありません。

こんな営業マン世界中どこを探しても見つかるわけがありません。ウェブサイトという最強の営業マンを雇わない理由はないでしょう。

 

ウェブサイトで見込客の信頼を得る

あなたが、新規の見込客に名刺を渡すことができたとしましょう。このとき、この見込客はどのような行動をとるでしょうか?

彼/彼女は、自分の悩みをあなたが解決してくれる人なのかを判断しなければなりません。

そのとき、彼/彼女は、あなたと話した時の印象、会話の内容、服装や雰囲気など、様々な要素を総合しながら、あなたに依頼すべきかを考えるでしょう(この時点で、落選してしまうようだとちょっと問題ですね。

まずは、社会人として最低限の会話術や、身だしなみを整えることを考える必要があるかもしれません)。

彼/彼女があなたに頼んでみてもいいかなと考えた場合、次にどんな行動をとるでしょうか?

普通であれば、あなたのことをもっと知りたいと思うはずです。そこでインターネットの出番です。彼/彼女は、あなたの名前や事務所の名称などを検索し、どのようなことを専門にしているのか、どのくらいの知識や能力があるのか、どのような経験をしてきたのかなどを調べるでしょう。

しかし、あなたの事務所にウェブサイトがなければ、このような重要な情報がほとんど得られません。これでは見込客の信頼を得ることもできません。当然、あなたの事務所を訪れる可能性は低くなります。

一方、あなたの事務所にウェブサイトがあれば、彼/彼女にあなたや事務所のことを詳しく知ってもらうことができます。

ウェブサイトできちんとしたメッセージを発信していれば、彼/彼女の信頼を得ることもできるでしょう。事務所を訪問してくれる可能性は格段に高まりますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です