Menu
080-3205-6039 info@wellbegun.jp

レスポンシブ・ウェブデザイン【れすぽんしぶ・うぇぶでざいん】

レスポンシブ・ウェブデザインのメリット・デメリット

レスポンシブ・ウェブデザインについて、Googleは、

ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)表示を変えることができます。

と定義しています。

つまり、レスポンシブ・ウェブデザインとは、PC、タブレット、スマートフォンなど、それぞれ異なる画面サイズの幅を基準にウェブサイトの表示を柔軟に調整し、ユーザーが閲覧しやすい最適な表示にすることを意味します。

スマートフォン用のウェブサイトを、PC用のウェブサイトとは全く別のデータで用意し、表示するやり方もありますが、レスポンシブ・ウェブデザインのメリットは1つのファイルでPC・タブレット・スマートフォンなどすべての表示を行うことができることです。

テキスト・画像などは端末が異なっても共通のものを利用することになるので、後々の更新や修正といった管理・メインテナンスがしやすくなります。

一方、デメリットとしては、PC・タブレット・スマートフォンといった画面サイズの違ったものすべてに対して同じ内容を表示させる必要があるため、端末ごとに全く違うデザインや内容を掲載したい場合には不向きです。

また、すべての端末でどのように表示させるかをあらかじめ計算してウェブサイトの設計を行う必要があり、制作に工数がかかります。

検索結果の表示順位はPCではなくモバイルを最優先の評価対象に

2016年の年末に、Googleは、検索結果の表示順位を決める際にモバイル向けのページを評価対象とすることを公式アナウンスしました(モバイル・ファースト・インデックス)。従来は、PC向けページを評価対象として表示順位が決定されていましたが、これが完全にひっくり返る形です。

モバイル・ファースト・インデックス(MFI)の概要をまとめると、

  • 従来; PC向けページが検索順位の評価対象になっている。仮にスマートフォンからの検索であったとしても、PC向けページの評価を基準にしてできあがった検索結果が表示される。
  • 今後:モバイル・ファースト・インデックス(MFI)導入後は、モバイル向けページの評価が検索順位の評価対象になる。仮にPCからの検索であったとしても、モバイル向けページの評価を基準にしてできあがった検索結果が表示される。

ということになります。

ウェブサイトをレスポンシブにすることは、このモバイル・ファースト・インデックスに完全に対応することを意味しますので、今後SEO対策を考える際には、最優先で取り組むべき施策ということになるでしょう。