Menu
080-3205-6039 info@wellbegun.jp

4P分析【よんぴー・ぶんせき】

4P分析とは、誰に、どんな価値を、どれくらいの価格で、どうやって提供するかを決めるマーケティング戦略の一部で、ターゲットに働きかける具体的施策を考えるためのフレームワークをいいます。

 4Pは、Product(商品・サービス)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション/広告)の頭文字をとったものです。

ターゲットに対し複数の要素を組み合わせてアプローチすることから「カーケティングミックス」とも呼ばれます。

 Product(商品・サービス)については、品質、デザイン、サービス名、パッケージ、保証などをターゲットのニーズを把握する形で分析する必要があります。

 Price(価格)については、小売価格、卸売価格、割引、リベート、取引条件などを検討します。商品・サービスを提供する側としてはできるだけ利益を確保しつつ、お客さんが納得して購入できる価格も考慮する必要があります。

 Place(流通)については、営業日や営業時間、注文方法、決済方法、問い合わせの方法など流通面を検討します。

お客さんの立場では、品揃えが幅広く、多くの在庫を確保していることが望ましいですが、商品・サービスを提供する側には在庫リスクが高まります。ターゲットのニーズを踏まえることが大前提となります。

 Promotion(プロモーション/広告)については、販売促進やPRをするための手段を検討します。口コミなどもここに含まれます。現在では一方通行的なプロモーションよりも、お客さんとのコミュニケーションを重視したプロモーションが主流となっています。

 4Pの各要素は独立したものではありません。4Pはそれぞれが、密接にかかわっているので、4Pそれぞれの分析結果が『整合性がとれているかどうか』を常に確認する必要があります。