Menu
080-3205-6039 info@wellbegun.jp

SWOT分析【すうぉっと・ぶんせき】

SWOT分析とは、意思決定を必要とする組織や個人のプロジェクトについて、内部環境と外部環境の分析を統合的に行い、方向性や改善策を洗い出し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定のフレームワークです。

SWOTとは、

  • 強み(Strength):自社が持つ強み
  • 弱み(Weakness):自社が抱える弱み・弱点
  • 機会(Opportunity):自社にとってビジネスチャンスとなる要因
  • 脅威(Threat):自社にとって障害や困難、ピンチとなる要因

のそれぞれの頭文字をとったものです。

「Strengths(強み)」と「Weaknesses(弱み)」は、自らの努力でコントロールできる内部要因を、「Opportunities(機会)」と「Threats(脅威)」は、政治、法的な規制、経済・景気、社会の動向、市場の動向、ユーザーのニーズなど、自らの努力だけではどうしようもない外部要因を意味します。

分析手法としては、まずは外部要因を検討します。想定する事業を行う上で支障となる外部要因としてどのようなものがあるのかを洗い出し、何がどのように変化しているのかを把握します。

続いて、その外部要因が内部要因にどのような影響を与える可能性があるのかを検討します。それぞれの外部要因に対してどのように対応していくべきなのか、またはどのような事柄に対してリソースを集中すれば良いのかなどを判断基準として取り得るべき戦略を策定します。